2008年09月02日

「なにも加えない、なにも引かない」

ミネラルウォーター先進国では「なにも加えない、なにも引かな

い、自然体の水が人のからだにいちばんいい」という考えは常識と

して人々の意識の中にあります。

女性の美しさについても、同様なことが言えると思います。

美しくなるためには、色々な方法や考え方があります。

しかし、もう一度この文の最初の部分を思い出してください。

「なにも加えない、なにも引かない」

実は、これが一番ではないでしょうか?

今や、化粧無しに登校する女高校生は、皆無?

若いのに、自然の美しさを自ら、放棄しているように

思えてきます。

化粧品は、万人に合うとは限りません。

ある人には、有用でも

ある人には、肌荒れを起こさないとも限りません。

だから、「なにも加えない、なにも引かない」

@コスメでも感動評価の美顔器プラチナローラーはもうお持ちですか?

posted by 諸葛 家康 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18730931

この記事へのトラックバック